外から見えないのに中から見えるシフォンレース

窓の目隠し・風通し・明るさ抜群の繊細なレース

固い印象を持つボイルレースとは一線を画す、まるでスカーフのようにフワリと風になびくシフォンジョーゼットタイプのおしゃれなレースカーテンです。
透明感のある生地は窓からの眺望を妨げることもなく、部屋いっぱいに明かりを取り入れることができます。それでいて外から部屋の中は十分にプライバシーを確保できる、優れた性能を持つ唯一無二のレースカーテン。ネットで販売しているのはクレールだけという、他店では入手が困難な逸品です。

announceimg

スカーフのように軽やかなシフォンレース(METAL色)

シフォンレース
アイボリー

生成り(オフホワイト)は窓辺に掛けるとほぼ白に見えますが、こちらは生成りよりもう少し薄いクリーム色に近い優しい色合いのレースです。

あまりはっきりと色は主張しすぎてしまいますが、これぐらいの色味なら嫌みも無く窓辺をソフトに演出することができます。

announceimg

シフォンレース
メタル

メタルの印象から冷たいグレーを想像しますが、実際には青みの入った優しいグレー色になります。私の個人的な印象では、すごくモダンでおしゃれな印象です。

お部屋のインテリアがモノトーン配色とか、ホワイト系のインテリアにもクールな感じでとてもよく似合うと思います。

announceimg

人通りの多い密集地にお勧めする6つの理由

透明感

レースを閉めていてもタワービューの眺望を楽しむことができる、透明感のあるクリアーな素材感がとてもおしゃれです。

シフォンレースを使っても部屋が暗くなることもありませんので、明るく開放感でいっぱいのリビングをお楽しみ下さい。

シームレス

生地に継ぎ目ができない、シームレスタイプの広巾レース。高層階のシームレスは、景観を活かすための大きな判断基準になります。

広くて大きなリビングのワイドサッシには、美しいウェーブがエンドレスで続く継ぎ目が無いレースの採用が理想的です。

しなやかさ

カーテンの素材とは思えないほど、薄くてしなやかな素材感。軽やかに流れるようなウェーブが、窓辺をエレガントに飾ります。

しなやかさの秘密は極細繊維の採用により、スカーフのように軽くて触り心地がまるでシフォンのような素材感を実現しました。

おしゃれ感

どれほど眺望の良いタワーマンションの部屋でも、無機質なアルミとガラス素材がむき出しの窓辺ではせっかくのインテリアが台無しです。

柔らかい丸みを持つウェーブのシフォンレースなら、家具や照明とのコーディネートで上質で豊かな空間を演出できます。

防炎性能

タワーマンションには義務づけられている防炎性能を持つシフォンレースなら、万が一の時でも安全に身を守れます。

防炎とは燃えないという意味ではなく、火がついても自ら燃え上がらないという性能を持ちますので高層階には必須の機能になります。

遮熱&紫外線カット

地上と違って太陽に近い高層階の部屋は自然環境の影響が大きく、特に紫外線や太陽熱の対策が必要な特殊環境になります。

遮熱繊維「涼しや」を使い、太陽熱やUVを大幅にカット。こんなに眺望が楽しめる遮熱レースは、シフォンレース以外にありません。

窓からの眺望を妨げない気持ちよいほどの透け感

シフォンレースなら日射しを避けるために閉めきって使ったとしても、窓の向こうに広がる絶景を損なう心配はありません。

スカーフのような柔らかくて軽い素材のシフォンレースは、アルミサッシやガラスの無機質な直線の冷たい印象を一瞬で解消します。(写真の使用生地はMETAL色です)

announceimg

外から見ても意外と部屋の中は透けない

こんなに透けるレースならきっと外から見たら部屋の中はまる見えかも?と心配されるかもしれませんが、それが意外と透けて見えません。

ただし部屋の中が比較的暗いことが条件になりますので、広くて明るいリビングは若干透ける可能性はあります。(写真の使用生地はMETAL色です)

announceimg

ガラス越しならさらに透けにくいが限界あり

ガラス越しに外から部屋を見れば景色がガラスに映ってさらに見えにくくなりますが、さすがに照明器具など強い光源は見えてしまいます。

よって透けにくさを兼ね備えるシフォンレースですが、雨降りや夕方など部屋の中を明るくすると透けて見えてしまうので注意が必要です。(写真の使用生地はMETAL色です)

announceimg

外から見えないのに中から見える魔法レース突撃インタビュー

裾はシンプルなウェイトテープ仕上げ

スカーフのように軽い素材のシフォンレースは、裾をダブルに折り返しただけでは全体に重みが出ません。そこでシフォンレースは生地の先端にステンレスでできたウェイトチェーンを取り付けて、カーテン全体を下に引っ張るようなテンションを掛けています。

こうすることによって軽い素材でもカーテンに落ち着きが生まれ、自然と綺麗なウェーブが形成され、窓辺をエレガントに演出することができます。(写真の使用生地はMETAL色です)

announceimg

夏の暑い太陽熱を大幅にカット!(-2℃)

マンションの高層階は太陽にも近いことから地上では考えられないほど、強烈な太陽熱と紫外線が窓から室内へと入ってきます。

家族の健康と部屋の日焼けを守るためにも、やっぱりレースカーテンは必要なのです。(こんなに透けても66.5%カットの実力あり!)

こちらのシフォンレースにはテイジンの遮熱繊維「涼しや」が使われているので、普通のレースと比べて室温でマイナス2℃の効果が得られます。

announceimg

サーモグラフィー実験で遮熱効果を実証

どれほどの遮熱効果を得られるものか、サーモグラフィー実験データをご覧下さい。空試験とは窓ガラスにカーテンをつけず、そのまま室内に赤外線ランプを照射して30分後60分後の2回ソファー表面温度を計測しました。

そして次に同じ条件においてシフォンレースを窓に掛けて、同様に赤外線ランプを照射してソファーの表面温度を測ったところ30分後には7.4度の差が出ました。こんなにもスケスケで外が見えるレースでも、これだけの遮熱性能があればエアコン併用で快適な夏をお部屋で過ごすことができます。

announceimg

シフォンレースで生まれ変わる素敵な暮らし

景観を楽しめる

せっかく見晴らしのよいタワーマンションに引っ越したのに、レースのカーテンが邪魔で外が見えないのはとても残念です。

シフォンレースなら透ける薄い素材を採用しているので、窓からの眺めを妨げることなく、新生活をエンジョイできます。

明るい室内

暑さ対策が必要な高層階の部屋ですが、遮熱レースは性能を高めるために一般的に生地が厚く、そのため部屋が暗くなる不満点がありました。

遮熱タイプのシフォンレースは薄くて軽い素材のため、外の明るい光をたっぷり取り込むことができます。

冬でも遮熱

夏ほどではありませんが高層階は冬でも室内は高温になりますので、実はレースに遮熱機能が必須条件だったりします。

一年を通して使えるシフォンレースは、ほどよく太陽熱をカットし室内の温度上昇を抑えるので快適に過ごせます。

室内の日焼け防止

周りに建物など障害物がないタワーマンション高層階は、地上より太陽に近い分だけ窓から入ってくる紫外線量はかなり高い数値を示します。

シフォンレースの紫外線カット率はスケスケなのに66.5%と高く、壁紙や家具・床の日焼けを防ぎます。

皮膚ガンのリスク回避

強烈な紫外線はインテリアの日焼けだけではなく、住人の健康にとっても脅威になる存在です。紫外線は皮膚がんの原因とも言われています。

肌がデリケートな赤ちゃんのいるご家庭では、シフォンレースが紫外線から肌をしっかりガードしてくれます。

部屋をグレードアップ

誰にも見られないからとカーテンをつけていない方、この上品な軽くて薄いシフォンレースを窓辺につけた瞬間その変化に驚かれます。

しなやかな丸みを持つシフォンレースのウェーブが、窓辺をエレガントに引き立てくれます。

日本そしてネットで手に入るのはクレールだけ!安心の国内縫製工場で心を込めてお仕立ていたします。 目の前の霧をパッと晴らしてくれるレースです。

ぜひ本物の質感をお手にとってご確認下さい

生地サンプルセットを無料でプレゼント!

team-1

シフォンレース生地見本

(B5サイズで2色セット)

team-2

サイズの測り方説明書

(簡易メジャー付き)

team-3

カーテンサイズ別価格表

(横幅と高さサイズ)

team-4

お申込み用紙

(メール・FAX・WEB)

B5サイズの現物生地見本と、カーテンサイズの測り方説明書&簡易スケール、そしてサイズ別カーテンお仕立て上がり価格表、最後にお申込み手順のご案内をセットにして、無料で発送させていただきます。

生地見本お申込みはこちら


姓 (必須)

名 (必須)

メールアドレス (必須)

確認用メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

都道府県 (必須)

市区町村 (必須)

番地・マンション名 (必須)

電話番号 (必須)

ご質問・ご相談

平日お申込みならメール便で
3~4日でポスト投函されます

ご注文はこちら
サイズ別にご予算をご確認いただけます