ニューシャープシェード

細身・軽量のニューシャープシェード完成!

平成18年12月ついに完成!ニューシャープシェードの販売を開始いたしました。従来のシャープバーと比べて約1/3という細さと、不透明な織物テープから無色透明なメッシュテープを使用することで、シャープシェードの重量が大幅に軽量化され、ボイルレースのような薄手の透明感のあるレースに使用してもいままでの野暮ったいイメージは全くありません!しかもお値段は従来の価格据置で頑張りますので、ぜひクレールシェードでお決めください!

正面から見た感じ
正面から見た感じ
裏面から見た感じ
裏面から見た感じ

いかがですか?のっぺりとしてしまいがちなボイルレースも、ニューシャープバーを使えばその名の通り洗練された都会的なシェードに様変わり!店舗などガラス越しにシェードの裏面が見えても、これならお店のイメージを損ねることもありません。

いままでの野暮ったいシャープスタイルはやめて、ニューシャープにしませんか!

こんなにも違う、シェイパーテープとシェイパーバー!

どうですか、こんなにも違うんですよ!皆さんシャープシェードはご存じでも、裏側がどうなっているかなんてあまり気にかけたことないでしょう。従来タイプは結構太いパイプを使用しているので、これを15~20cmおきに何本も縫い付けるわけですから、製品自体が相当な重さになっていたわけです。

従来タイプ
テープの幅は23ミリ バーの太さは10×6ミリ
新型タイプ
透明テープの幅は15ミリ バーの太さは直径3ミリ

ニュー・シャープシェードは直径約3ミリのパイプ(中は空洞)を使用しているので、掃き出し窓で10数本縫付けても非常に軽い仕上がりになります。

今まででしたらドラム式にしないと女性ではちょっと操作が重くて大変でしたが、これならコード式でも軽く操作できます。もちろんスピードコントローラーでゆっくり下げたい時は、ドラム式をお選びくださいね。

業界初!簡単にコードを外せる、着脱リングを使用

↑もう一度、従来タイプのシェイパーテープを見てください。昇降コードを通すための輪が、無数に並んでいます。最上部から垂直線になるよう輪を見定めて、ひとつひとつ手作業で通していきます。印なんか付いていないので、どの穴に通すのか非常に神経を使います。

これは何を意味するかと言いますと、お客さまが生地を洗濯して元に戻す時、非常に面倒である!ということです。

切れ目にコードを当てて
下へ引くと簡単に外れます

しかし、ニューシャープは違います。シェイパーテープに着脱可能なリング環を付けているので、写真のように簡単な作業で次々とコードを外すこともできますし、切れ目からコードさし込んで簡単に元に戻せるのです。

取り外してシェードの生地を洗濯した経験のある方ではないとピンとこないかもしれませんが、この着脱リングは本当に涙もののお助けアイテムなのです。他社ではなかなかお目にかかれない特許部品なので、ぜひともニューシャープでお決めください。

製作可能サイズに制限がありますのでご注意ください

制作可能寸法

自動見積もりのスタイル選択欄で「シャープシェード・コード式」「シャープシェード・ドラム式」を指定された場合、上記製作範囲内のものは特にご指定されなくても平成18年12月1日受注分より「ニューシャープシェード仕様」にて製作させていただきます。

最大幅を越えたご注文分はニューシャープ仕様ではなく、従来の太いシェイパーテープ&バーを使用したタイプにて製作となりますのでご了承願います。できればニューシャープ製作範囲内で、2分割設置をご検討ください。