遮熱カーテン選びでこんな間違いをしていませんか?

あなたは遮熱カーテン選びで、
こんな間違いをしていませんか?

インターネット上に膨大な情報が溢れかえっていて、
どの商品を購入したら良いか混乱されていませんか。

さらに詳しく
専門家があなたの悩みを
解決いたします!!

Ranking

遮熱効果
期待度ランキング

サンシェード

太陽熱を受けて暑くなった製品の熱と、内側にこもる熱を逃がしてあげるには、室外で遮熱対策するのが一番効果が高いと思います。生地裏面コーティングされたステンレス粒子が熱を吸収するので遮熱効果も抜群です。

その理由はこちら

厚地タイプの遮熱カーテン

日中は強烈な太陽光を高密度な遮熱カーテンがブロックして、お部屋内部が熱を帯びて暑くなるのを防いでくれます。夜間帰宅して玄関を開けた途端に襲ってくるあのムッとする熱気が減少します。

その理由はこちら

遮熱レースカーテン(グレー)

ステンレスをコーティングしているので、ステンレスが熱を吸収し、部屋側への輻射熱が少なくなります。グレー色なので強烈な太陽の眩しさを和らげ、木陰のような心地よい部屋になります。

その理由はこちら

遮熱レースカーテン(白)

セラミックを使用した遮熱繊維が開発され、白い遮熱レースが登場。白いということで、部屋が暗くならないという安心感も人気の一つです。比較的安価で入手しやすく、新しいお部屋には白いタイプがおすすめ。

その理由はこちら

夜外から透けにくい遮熱レース

テイジンの遮熱繊維「涼しやNEO」が使われており、昼はもちろん夜になっても部屋の中が透けて見えないのに、部屋の中から外の様子がわかるので、とても安心して暮らすことができます。

その理由はこちら

透け感のある遮熱レース

テイジンの遮熱繊維「涼しや」が使われているので、こんなにもスケスケで外が見えるレースでも、これだけの遮熱性能があればエアコン併用で快適な夏をお部屋で過ごすことができます。

その理由はこちら

設置可能であれば
室外での遮熱が最も効果大

日傘でも生地に通気性のない日傘は、傘の内部が高温になって暑いです。それと一緒で、窓辺に遮光カーテンをかけて太陽熱を遮蔽しても、カーテン生地が熱を持って室内側へ輻射熱を放出して、結局部屋の内部は暑いのです。

太陽熱を受けて暑くなった製品の熱と、内側にこもる熱を逃がしてあげるには、室外で遮熱対策するのが一番効果が高いと思います。いわゆる「緑のカーテン」という天然の日よけが学校などでさかんに使われるのもこういった理由で、成長の早いゴーヤのカーテンが人気で話題になりましたね。

でもゴーヤを育てる地面が無い環境の場合は、よしずやスダレといった日除けが重宝します。ただこれらは天然物なので耐久性が劣り、立てかけると室内は結構暗くなってしまうデメリットがあります。そこで近年人気なのは、弊社が取扱っているステンレス加工を施した遮熱サンシェードです。

ゴーヤの緑のカーテンやよしずなどは太陽光も遮って部屋の中はかなり暗くなってしまいますが、サンシェードは通気性のある生地なので太陽光はほどよく通し、生地裏面コーティングされたステンレス粒子が熱を吸収するので遮熱効果も抜群です。屋外で遮熱対策が可能な環境の方は、ぜひサンシェードの設置をご検討下さい。

サンシェードのページはこちら

あなたに必要な遮熱タイプは、
厚地カーテン?それともレースーテン?

窓の向うに庭やベランダが無いとかマンションの高層階で風が強くてサンシェードが設置できない方には、やはり室内側での遮熱対策が必要になります。

一般的には窓にカーテンをかけて対策を行いますが、遮熱カーテンには厚地のタイプとレースのタイプの2種類あります。厚地とレースでは当然ながら遮熱の性能差があり、それぞれにメリット・デメリットがありますので、お部屋の用途にあわせた選択が必要になります。

  • 厚地タイプの遮熱カーテン

    厚手タイプの遮熱カーテンを使うなら部屋が暗くなっても平気な方、例えば日中は外出していて夜間に帰宅するお勤めの方などにお勧めの商品になります。

    日中は強烈な太陽光を高密度な遮熱カーテンがブロックして、お部屋内部が熱を帯びて暑くなるのを防いでくれます。夜間帰宅して玄関を開けた途端に襲ってくるあのムッとする熱気が減少しますので、エアコンをかければあっという間に部屋が冷えて疲れた身体を癒してくれることでしょう。

    また昨年の夏に遮熱レースを使ってみたもの性能的に物足りなさを感じた方には、この厚地遮熱カーテンとの併用でダブルの遮熱効果を今年は体感していただきたいと思います。部屋は暗くなりますが、西日が強いピークの時間帯だけ厚地遮熱カーテンを併用して使うのも効果的です。

    遮熱厚地カーテンのページはこちら

  • レースタイプの遮熱カーテン(グレー)

    日中お部屋で過ごす時間が長い方やお勤めの方でも休日は部屋で過ごしますから、やはりレースタイプの遮熱カーテンも必要になってきます。

    弊社が2003年から販売し続けているのは、ステンレスをコーティングしたタイプで色はグレーです。レースカーテンなのに、色はグレー。普通で考えたら レースといえば白、ホワイトが常識です。なのに10年間で1,000人以上、1,500窓以上にこのグレーの遮熱レースが夏は大活躍しているのです。

    グレー遮熱レースページはこちら

  • レースタイプの遮熱カーテン(白)

    近年ではセラミックを使用した遮熱繊維が開発され、白い遮熱レースが登場して大人気となりました。

    なぜならグレーの遮熱カーテンは入手しづらい希少性があるのに対して、白い遮熱レースは至る所で販売され消費者の認知が高まったからです。

    また白いということで、部屋が暗くならないという安心感も人気の一つです。

    白い遮熱レースページはこちら

  • 夜外から透けにくい遮熱レース

    高性能の遮熱レースカーテンは繊維密度を高くしたものがほとんどで、部屋の中が暗くなったり外の景色が全く見えなくなって困っている方が増えています。

    性能ががいくら理想に近いものでも、デメリットを受け入れることができなければ、それが大きなストレスに変わります。

    そんなデメリットを解消し、昼はもちろん夜になっても部屋の中が透けて見えないのに、部屋の中から外の様子がわかるので、とても安心して暮らすことができます。

    夜外から透けにくい遮熱レースページはこちら

  • 透け感のある遮熱レース

    このレースなら日射しを避けるために閉めきって使ったとしても、窓の向こうに広がる絶景を損なう心配はありません。

    外から見ても意外と部屋の中は透けないこんなに透けるレースならきっと外から見たら部屋の中はまる見えかも?と心配されるかもしれませんが、それが意外と透けて見えません。

    テイジンの遮熱繊維「涼しや」が使われているので、普通のレースと比べて室温でマイナス2℃の効果が得られます。

    透け感のある遮熱レースページはこちら

厚地タイプとレースタイプ
それぞれのメリット・デメリット

1.繊維密度が高く遮熱性能がもっとも高いので、見た目よりも機能重視派にお勧め。
2.西日の強烈な時間帯の一時的な使用で、遮熱レースのパワー不足を補える。

1.光も遮蔽するので、部屋が真っ暗になってしまう。
2.商品価格が高い。
3.樹脂コーティングタイプは生地がゴワつく。
4.生地が重くて取替えに、女性には負担が大きい。
5.商品のバリエーションが少なく、好みのカラー・デザインが見つからない。

1.遮熱性能を持ちながら光を通すので、部屋が暗くならない。
2.ステンレスとセラミックの遮熱繊維があり、デザイン豊富で好みの商品を選べる。
3.ほとんどがポリエステル素材で、家庭で洗えるウオッシャブル商品。
4.豊富なデザインが揃い、好みの生地から選ぶことができる。
5.既製品は価格も手ごろで、気軽に試してみることができる。

1.可視光線は通すものの繊維密度が高いので、室内から外の景色が見えづらい。
2.あまりにも種類が多すぎて、どれを選べば良いかわからない。

それぞれメリット・デメリットがありますので、
お部屋の用途にあわせた選択が必要になります。

室内側の遮熱対策商品ページ一覧

  • 厚地タイプ

    ステンレスをコーティングした遮熱加工ドレープ

    厚手タイプの遮熱カーテンを使うなら部屋が暗くなっても平気な方、例えば日中は外出していて夜間に帰宅するお勤めの方などにお勧めな商品。

    商品ページはこちら

  • レースタイプ

    ステンレスをコーティングしたグレーの遮熱レース

    弊社が2003年から販売し続けているのは、ステンレスをコーティングしたタイプ。10年間で1,000人以上、1,500窓以上と大活躍。

    商品ページはこちら

  • レースタイプ

    セラミックを使用した白い遮熱レース

    セラミックを使用した遮熱繊維が開発され、白い遮熱レースが登場。白いということで、部屋が暗くならないという安心感も人気の一つです。

    商品ページはこちら

  • レースタイプ

    夜になっても外から透けにくい遮熱レース

    昼はもちろん夜になっても部屋の中が透けて見えないのに、部屋の中から外の様子がわかるので、とても安心して暮らすことができる商品。

    商品ページはこちら

  • レースタイプ

    タワービューを楽しめる遮熱レース

    このレースなら日射しを避けるために閉めきって使ったとしても、窓の向こうに広がる絶景を損なう心配はありません。

    商品ページはこちら

遮熱レースの場合、
グレーを選びますか?それとも白ですか?

昨年夏に弊社で最も良く売れたのは、ステンレス加工のグレータイプの遮熱レースでした。ステンレスという金属を使用しているのでそもそも高価なレースなんですが、安価な白い遮熱レースよりもダントツに売れたのです。
(白い遮熱レースも、品切れでご迷惑をおかけしたほどたくさん売れました。)

グレーの遮熱レースと白い遮熱レース
それぞれのメリット・デメリット

1.ステンレスが熱を吸収するので、部屋側への輻射熱が少ない。
2.グレー色なので強烈な太陽の眩しさを和らげ、木陰のような心地よい部屋に。

1.レースにしては高価である。
2.防炎加工ができない。
3.一年を通して使用するには、部屋が暗くなって陰気な感じ。
4.世界で唯一の国内特許加工品のため、いったん品切れると再入荷に時間がかかる。

1.一般レースと同じ白い生地なので、部屋が暗くならない。
2.デザインも豊富で、好みの商品を選べる。
3.比較的安価で、入手しやすい。
4.既製品タイプが市場に溢れ、価格も手ごろで気軽に試してみることができる。

1.可視光線は通すものの繊維密度が高いので、室内から外の景色が見えづらい。
2.あまりにも種類が多すぎて、どれを選べば良いかわからない。

このように、双方にメリット・デメリットがあります。
どちらがナンバーワン、ということではありません。
適材適所、使用されるお部屋の環境や使用条件に合わせて
ベストチョイスを考えましょう。

新しいお部屋なら白いタイプ、
夏限定使用ならグレータイプがお勧め

皆さんがもっとも関心を寄せることそれは、どれが一番涼しいですか?ということです。

様々な遮熱カーテンがネット上で販売されていて、それぞれが数値を掲げて遮熱性能を競っています。同じ試験方法で同じ環境の下、すべての商品がデータ出しているかといえばそうではありません。

メーカーもあの手のこの手で、自社製品が他社より勝る性能を証明できる試験方法で数値をアピールしています。

どの商品が一番遮熱性能が高いのか?

どうぞ皆さん数値ばかりに気を取られて、本質を見失わないように気をつけて下さい。どんなに数値が最高の遮熱カーテンでも、アイスノンのようにカーテンが部屋の空気を冷やしてくれるわけではありませんので。

遮熱レース商品ページ一覧

  • レースタイプ

    ステンレスをコーティングしたグレーの遮熱レース

    弊社が2003年から販売し続けているのは、ステンレスをコーティングしたタイプ。10年間で1,000人以上、1,500窓以上と大活躍。

    商品ページはこちら

  • レースタイプ

    セラミックを使用した白い遮熱レース

    セラミックを使用した遮熱繊維が開発され、白い遮熱レースが登場。白いということで、部屋が暗くならないという安心感も人気の一つです。

    商品ページはこちら

  • レースタイプ

    夜になっても外から透けにくい遮熱レース

    昼はもちろん夜になっても部屋の中が透けて見えないのに、部屋の中から外の様子がわかるので、とても安心して暮らすことができる商品。

    商品ページはこちら

  • レースタイプ

    タワービューを楽しめる遮熱レース

    このレースなら日射しを避けるために閉めきって使ったとしても、窓の向こうに広がる絶景を損なう心配はありません。

    商品ページはこちら

もっとお伝えしたいことが山ほどあります。
私が書いた本を読んでみませんか?

遮熱カーテン正しい見極め方:
遮熱カーテン購入のウソ・ホント

Kindle版
¥ 99

【目次】
はじめに
インテリアでできる夏の日射し対策
遮熱レース
ステンレスとセラミックの遮熱レース
遮熱レースが部屋を暗くする心配
突っ張り棒を使って天窓の遮熱対策
遮光カーテンに遮熱効果の期待をするのはやめなさい!
遮熱レースの疑問・質問
遮熱マークの商品なら遮熱効果を保証してくれる?
ペアガラスに遮熱レースは不要ですか?
雨戸やシャッターは夏の遮熱対策に有効?
遮熱レースを二重に使うは効果があるのでしょうか?
夏に活躍する遮熱レースは冬に使うと逆効果?
今のカーテンで涼しく夏を乗り越える方法
エアコンの光熱費節約術
エアコンの効きが悪い出入り口の対処法
エアコンが冷えない時は室外機の遮熱対策を!
終わりに

新しいお部屋なら白いタイプ、
夏限定使用ならグレータイプがお勧め

エアコンを使用することであっという間に部屋は涼しくなりますから、遮熱性能のわずかな差などは体感できるほど重要なポイントではなく、それよりも外の景色が見えるとか、価格が手ごろとか、部屋が眩しくならないとか、遮熱性能以外での付加価値を見出してカーテンを選ぶことが大切です。

エアコンは身体に悪いから、赤ちゃんがいるからなど、アンチエアコン派の方もおられます。そうした方には少しでも太陽熱を遮る遮熱性能が高い商品がお勧めになり、値が張っても部屋が薄暗くなるステンレス加工の遮熱レースで赤ちゃんのお昼寝を手助けするのも選択肢の一つになったりします。

また夜になっても夜風を取り入れながら部屋で過ごしたいという方には、ウェーブロン繊維の入った遮像機能を持つ遮熱レースがありますので、夏場だけ昼間外の景色は見えづらいですが夏用のレースカーテンとして新調するのも良いでしょう。

新しい家へ引越したばかり、あるいはこれから引越するという方の西向きの窓には、白い遮熱レースを使用して下さい。白いレースなので見た目は普通レースと代わりませんから、年中使用されても何も支障はありません。

すでにお住まいの部屋で普通のレースを使っているとか、白い遮熱レースを昨年買ったけれど部屋が眩しくて心理的に暑いと感じた方は、夏専用の遮熱レースとしてステンレス加工のグレータイプをこの機会にぜひ新調して下さい。夏専用のカーテンを準備することで、それぞれの製品寿命が延びて永くお使いいただくことができます。

本格的な夏シーズン突入前に購入しておくのが、
遮熱商品を購入する際の、賢い買物の仕方。

ここ数年は酷暑が続きましたので、シーズンインとともに遮熱対策商品需要が一気に高まり、メーカー在庫が底を尽き長期欠品という事態が発生しました。

メーカーも過剰在庫を避けるため状況を見ながら少量生産を繰り返して需要に対応していますが、梅雨が開けてすぐ酷暑になった夏は一般消費者のほか企業も買い占めといった行動により瞬時に品切れ事態を引き起こします。

そういった欲しい時に変えなかった苦い経験をされた方は、二度と同じ過ちを繰り返さないために本格的なシーズン前に遮熱対策商品の入手を始めておられます。ぜひあなたも、早めの購入をご検討下さい。

遮熱について問合せ

必須氏名Your Name
姓: 名:
必須メールアドレスMail Address
必須メールアドレス(確認)Mail Address Confirm
必須ご質問・ご相談inquiry
送信するSend
  • 052-770-7889