UVカット・遮熱カーテンの選び方

正しい紫外線防止・遮熱カーテンの選び方

紫外線対策レースと太陽熱を遮断する遮熱カーテンは、弊社通販サイトの中でもたくさん種類が増えてまいりました。そこでそれぞれの性能や特徴を整理して、お客様がご自分の部屋に最適なものを選びやすいように解説いたします。
他店の商品との比較はデータ等がありませんので、どちらが勝っていると私の判断では言い切ることができません。ただ弊社で扱っている商品の中からお選びいただくことで、納得のできるお買物ができることを保障いたします。
紫外線カット率・断熱効果率の他に比較検討すべきポイント
性能グラフ
弊社ではどの商品も紫外線カット率が高くて、さらに遮熱性能を持つものを中心に品揃えをしております。

グラフをご覧いただいてもわかりますように、UV(紫外線)カット率及び断熱効果率は、6品目すべて遜色のない高性能なデータを持っておりますので、この紫外線カット率と断熱効果率の2点では大きな決定ポイントにはなりにくいことがわかります。

ほとんどの販売者はそれ以上の提案はいたしませんので、皆さんはますます混乱して性能数値のわずかな差や販売価格の安さで商品を選んでしまいがちです。

性能数値と価格の2点に判断を頼りきってしまうので、購入した後で望まぬデメリットがわかり後悔されるかたが後を絶ちません。そうならないためにも、上のグラフでメリット・デメリットをよく理解した上で最適な紫外線・太陽熱遮断対策商品をお選びください。

選択ポイント(1)住宅密集地にお住まいですか?見晴らしの良いマンションにお住まいですか?

住宅密集地ではプライバシー確保が必要
タワーマンションでは眺望が最優先

基本的にレースカーテンの繊維密度が高いほど、紫外線を反射したり進入をブロックしてくれるのは容易に想像できることです。反対に繊維と繊維の間に隙間がいっぱいあるレースは、可視光線をその隙間から通るので外の景色が良く見える理屈もよくわかりますね。

そこで紫外線対策レースをご検討されるなら紫外線カット率を重視すると同時に、部屋の中から外の景色は見えなくなっても良いかも合わせて比較検討していただくことをお勧めします。

住宅密集地では、かえって外の景色が見えないほうが良い場合もあります。

建売住宅を購入された方に多い相談が、お隣と窓が向かい合っているのに透明ガラスというお悩みを受けることがあります。

このような方にに迷わずお勧めしているレースが、「夜間にも透けにくいレースIP0039」になります。

繊維密度が高く裏面に超光沢繊維を使用しているので、紫外線カット率も高く夜になっても室内の様子が見えにくいというメリットが活かされるからです。

選択ポイント(2)紫外線をしっかりブロックしながら、外の景色は見たいですか?

次に眺望のよさに魅せられたタワーマンションの高層階にお住まいの方は、レースのカーテンが眺望を阻害してはいけません。

できる限り透明感があって、紫外線カット率の高いレースが求められます。

紫外線カット率81.6%しかも外の景色がよく見えるレースとしてお勧めしているのが、「紫外線対策レースIP60570」です。

ただしこのIP60570はあいにく防炎加工品ではないため、防炎規制が入る条件のお部屋には使用できませんのであらかじめご了承願います。

選択ポイント(3)防炎性能が必要な、マンション高層階や施設関係ですか?

そこで防炎性能が必要なお部屋にお勧めしているのが、わがままプライバシーレースです。

こちらは防炎商品ですので、マンション高層階のお部屋や商業施設などにお使いいただけます。

薄手のボイル生地に視線を程よくブロックする特殊繊維を混入した生地で、眺望を兼ね備えながら外からのプライバシーをしっかり確保しつつ、軽い素材なので風もたっぷり運んでくれるレースです。

さらに横使いの広幅レースなので、窓の横幅が6m、7mといった大きな窓でも、縦に継ぎ目が一切入らないエンドレスのきれいなウェーブが形成される、とても上品なカーテンというのもポイントが高い商品です。

選択ポイント(4)部屋が眩しいほど明るくなっても生活に支障はないですか?
このように紫外線カット率が高い商品は、遮熱繊維を使っているものがほとんどになります。つまり紫外線カット重視でも、遮熱性能重視でもどちらでもいける商品ということですね。

ならば部屋の中から外の景色が見えるか見えないかで商品をお選びいただければよいと思いますが、太陽に関してはもうひとつ忘れてならない厄介な悩みがひとつあります。

それは白いレースカーテンに太陽光が当りますと、カーテンは白く発光して光が部屋いっぱいに充満することです。お部屋が明るくなって暗くなるより良いのではと考えるのは想像だけの話であって、実際に光で充満したお部屋で長時間過ごすことになるとそんなきれいごとは言ってられない事態に気がつくことになります。

目は開けていられないほど眩しいし、本も読めないから勉強部屋には不向き、テレビ画面も反射して見えなくなるのでリビングには最悪の環境になります。

そこで夏の西日対策商品として一押しの商品が、日本が誇る国際特許商品の「ステンレスmasa加工の遮熱レースIP0038」であります。

一番最初に紹介した夜間に透けにくいレースIP0039と同じ繊維密度の高い特殊な編み組織の生地裏面にステンレスをナノレベルでコーティングしたもので、そのステンレスが太陽熱をすばやく吸収して室内への輻射熱を約50%カットしてくれるという商品です。

白い生地にステンレスをコーティングするので淡いグレー色になりますが、部屋が暗くなるどころか太陽が当れば程よく眩しさを緩和して木陰の涼しさを生み出してくれるので不思議です。

ただしこのステンレス遮熱レースは、できれば夏専用のカーテンとしてお使いいただきたいというのがクレールの見解です。

よく夏涼しく冬暖かいというキャッチフレーズが使われますが、冬暖かいという根拠は室内の暖房熱が窓から逃げにくいという観点から言われているもので、南向きの窓でぽかぽかお日様が入る窓に使えば熱を遮断するので寒くなってしまいまうから使わないほうが良いのです。

なのでこれから新しい家へ引越しするのでカーテンが必要な方で、西向きの窓にあらかじめ夏の対策を考えておきたい、でも今から夏用とその他の季節用の2つを買うほど予算がないと方には、白い遮熱レースをお勧めしています。

紫外線対策レースIP238810わがままプライバシーレースがお勧めになり、手ごろな価格ならサラクール断熱・遮像レースがよろしいかと思います。

それでもお迷いがあれば、お気軽にクレールまでご相談ください。

カーテン選びで困っていませんか?
  • カーテン診断アプリ

  • カーテンカタログ

  • LINE@で相談

  • 夏の暑さ対策特集

  • 冬の防寒対策特集

  • 遮光・光漏れ対策特集

  • プライバシー対策特集

  • 周辺騒音対策特集

  • 紫外線対策特集


  • 当店人気商品もチェック!
  • ステンレス遮熱レース

  • わがままプライバシー

  • ボックス風カバー

  • 間仕切りカーテン

  • チョイ置きカーテン

  • 後付け簡易遮光裏地

  • フリーワード検索
    電話で相談・注文承ります

    カーテンの質問ならお任せください!フリーダイヤル0120-758904

    携帯の方は:052-770-7889
    受付時間:AM9:00-PM7:00
    毎週土曜・日曜・祝日休業
    休日でも名古屋の方なら、
    来店・訪問・電話承ります

    FAX052-522-2748

    FAX注文用紙はこちら

    友だち追加数
    https://line.me/ti/p/@curtainshop

    タワーM専用シフォンレース

    スカーフのように軽い眺望重視の遮熱レース

    カーテンサイズの測り方

    カーテン診断

    メーカー特集
    おしゃれなカーテン特集
    デザインカーテン特集
    【春】新生活が始まる季節
    【夏】太陽熱の暑さ対策
    【秋】夜長はプライバシー
    【冬】窓の熱流出を防止
    ユニークな人気商品
    店長動画講座&書籍紹介
    店長動画メッセージ
    営業カレンダー

    お客様の声>お手紙紹介

    フリーワード検索

    探している商品名・品番や困っている問題点などキーワードで自由に検索

    052-770-7889