高品質・オーダーカーテン通販専門店

カーテンショップ・クレール

国内ブランド(サンゲツ・リリカラ・東リ・川島織物セルコン・スミノエ・シンコール・アスワン)のカーテンカタログから、常時1万点のカーテンデータを品揃えしています。

  • ライン
  • 電話番号
  • メール

目的の商品が決まっているお客様はこちらから品番を検索してください

  • 初めての方
  • 会員登録
  • カートをみる
  • ログイン

よくある質問

カーテンとレールを同時に買う方法

カーテンレールの取り付け方法と位置を決めればカーテンのサイズを割り出せます。

カーテンレールとカーテンを同時に購入するテクニック

カーテンレール
カーテンレールがないからサイズが測れない
カーテンレールが付いていないから、カーテンサイズが測れない!

とお困りではありませんか?

大丈夫!カーテンレールとカーテンのご注文を同時にWEBからお申し込みいただける方法があります。

そのためには、

  1. カーテンレールの機種を決める
  2. カーテンレールを取付ける位置を決める
この2点を決めていただければOKです。

手順1)まず初めにカーテンレールの機種を決めよう!

まず初めに、カーテンレールの機種を決めていただく必要があります。

カーテンレールの機種には大きく分けて2つのタイプがあって、

  1. 金属製カーテンレール
  2. 装飾付きカーテンレール
のどちらかを選んでいただきます。

装飾レール
金属製レール


お気軽にお電話でご相談ください!

手順2)カーテンレールの取付け位置を決める


カーテンレールはご自身で取付けていただく形になりますので、カーテンレールを取付ける位置にビスがしっかりねじ込める壁奥にある木下地(もくしたじ)の存在と位置を確認しておいてください。


窓木枠のすぐ上にある3cmぐらいの幅の横木は「まぐさ」と呼ばれるもので、通常の戸建て住宅ならまずこの位置に木の下地があると思います。

ここなら金属製の角形レールなら確実に取り付けが行えますが、ロッド(棒)タイプの装飾レールは10cmぐらい上にレールを取付けますので、上記写真のように幅の広い(10~15cmぐらい)の木下地を別途大工さんにお願いして入れていただく必要があります。


カーテンレールの取付け位置からカーテンの高さサイズを逆算

カーテンの高さサイズを測るときの原則は、カーテンレールのリングランナー下を起点にして床面までとか希望の高さまで測ります。(まだ正確なルールを確認していない方はこちらのページを確認しておいてください。

その起点となるランナー輪の下の高さ位置があらかじめわかれば、カーテンの高さサイズも必然的に決まってきます。

下の寸法図はカーテンレール販売サイトの各商品ページにある、『部品寸法図』という文字リンクをクリックしてご確認いただけます。


カーテンレールの部品寸法図がありますので、それを見てレールを取付ける位置を検討します。

お気軽にお電話でご相談ください!

ロッド(棒)タイプの装飾レールなら、ブラケット台座の上のビス位置を床面から215cmの高さに決めると仮定しますと、寸法図からランナー輪の下位置は54mmつまり約5.5cm下がることが見て取れます。

このケースの場合、カーテンの高さサイズは215cm - 5.5cm=209.5cmランナー輪の下から床面までの高さ)と算出することができます。



金属製レールならブラケットを窓枠の上にのせる形で取付けると決めた場合、ちょうどまぐさのある位置になりますから安全に取り付けできることがわかります。

その時床面から窓木枠上面までの高さサイズを計測したら200cmだったと仮定しますと、ビス位置は寸法図から窓枠より23mm上になることがわかります。つまり床面からのビス位置は200cm+2.3cm=202.3cmということになります。

そこからランナー輪の下まで4.9cm下がることがわかりますので、202.3cm-4.9cm=197.4cmとなります。オーダーする際には5ミリ単位なので、この場合はカーテンの高さサイズを197.5cmとしてオーダーします。


窓枠上部に木下地が入っている場合、ブラケットのビス位置を床面から215cmの高さに決めると仮定しますと、寸法図からランナー輪の下位置は49mmつまり約5cm下がることがわかります。

カーテンの高さサイズは、215cm - 5cm=210cmランナー輪の下から床面までの高さ)と算出することができます。

次に天井にカーテンレールを取付ける場合、カーテンボックスや窓枠内部の天井面に取付けつけるにしろ、ランナー輪の下は3.7cm下がることがわかりますので、床面や窓枠底面までの高さから3.7cm差し引くことで高さサイズを算出することができます。


お気軽にお電話でご相談ください!

カーテンの仕上がりサイズを決めてレースのビス位置を逆算する方法

もし窓上に幅の広い木下地を事前に用意してあって、レールの取付け位置が比較的自由に決めることができる場合、カーテンの仕上がりサイズを先に決めてしまって、そのサイズからレールのブラケットビス位置を決めるという方法もあります。



たとえばランナー輪の下からカーテンまでの長さを200cmとしますと、金属製レールのブラケットビス位置まで約5cmありますから、この二つの数値を合計すると205cmがカーテンの底辺からビス位置までの距離になることがわかります。

このとき掃き出し窓のカーテンなら床面とカーテンの裾との間に1cmの隙間を設けますので、205cm+1cm=206cmが床面からビス位置までの高さになります。


よくある質問

購入者様から届いた感謝のお便り

RSS Feed Widget

よくある質問

よくある質問

今すぐ見積もりをする

今すぐ見積もりをする

法人向け後払いPaid

法人向け後払いPaid

初回購入者限定2,000円OFFクーポンプレゼント
初回購入者限定特典

初回購入者限定2,000円OFFクーポンプレゼント初回購入者限定特典

電話で相談・注文承ります

カーテンの質問ならお任せください!

お問い合わせ

店長在籍中

携帯の方は:052-770-7889
受付時間:AM9:00-PM7:00
毎週土曜・日曜・祝日休業
休日でも名古屋の方なら、
来店・訪問・電話承ります

FAX・メール

営業カレンダー

udemy

udemy

amazonkindle

amazonkindle

ライン

ライン

色だけじゃない!カーテン風水

今すぐ電話相談

今すぐ電話相談